段ボールもって、どこへいこう。

自分の部屋に見慣れない段ボールが積まれていた。伝票をみて2ヶ月も前に彼が送ってくれたなにかだと気づいた。
そういうことは送ってくれた日に連絡下さい、母さん。


相変わらず探している希望が、案外軽いその箱の中身にあるかもしれないと、すがりつきたくなったけど、庭にある藤棚は今年も綺麗に咲き誇っていて、手を入れる余裕のあることに少しほっとしたりした。春の生命力は、絶望的に美しい。

矢のように月日は過ぎて

友達が面白いからと置いていった、山岳救助漫画の岳 (3) (ビッグコミックス)を、彼がかなり熱心に読んでいて、いつワンダーフォーゲルしてしまうのか結構心配になった。水たまりにうつるのは希望ではなくて、絶望に違いないと思った。

初心にかえってみた。

イヤッッホォォォオオォオウ! 
            ∧∧ ∩
           ( ^ω^)/
          ⊂   ノ
           (つ ノ
            (ノ 

ギャルマは、日記を書くスペースとして生まれ変わりました。